水産部会 2022年度 スケジュール

1月21日(金) 京都部会

通常総会です。2022年度水産部会「古橋丸」出航の日です。
本来は京都会議に合わせて京都市内の料亭にて開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大によりオンライン開催となりました。
現役会員については総会後、農林水産大臣への提言のための情報収集会議も実施致しました。

3月16・17日(水・木) 伊勢鳥羽志摩部会

2020年度・2021年度と開催を見送られた伊勢志摩の地で、三重県メンバーオールスターズで、牡蠣のブランディングと変死問題、革命的なアサリの復活対策、地場産業に根差した最新加工工場などを視察。エクスカーションとして伊勢神宮の公式参拝も実施致しました。

5月27日(金) ASPAC部会

国際交流の貴重なチャンスであるASPAC堺高石大会ですが、新型コロナウイルス感染拡大によりそれが叶わず、予定していたブース出展も見合わせる事に決定しました。
代わりに部会員との交流を活性化すべく、幻の55周年記念式典の会場候補地ヒルトン大阪にて講師候補者のサバ博士を設えました。ASPACスローガンでもある「一期一会」の瞬間を宝物と捉え、部会開催をして参ります。

7月15・16日(金・土) サマコン部会

乞うご期待!

8月19・20日(金・土) 福島事業

乞うご期待!

9月2日(金) 静岡部会

乞うご期待!

日光部会 11月12日(土)

乞うご期待!

歴代事業紹介

2016年度 海外事業(台湾)

水産部会員が海産物をASPAC高雄大会に持込み、ブース出展をして世界各国から集まった来場者に日本が誇る海の味を堪能して頂きました。もちろん大盛況で在庫はあっという間になくなりました。
因みに青年会議所は世界中にありますが、業種別部会があるのは日本だけなのはご存知ですか?国際交流において、水産部会は大きな武器になるのです。

2017年度 広島部会

瀬戸内海の離島・大崎上島に渡り、かつての塩田跡地に地下海水を汲み上げて作った牡蠣と海老の養殖池を視察しました。海産物が盛況な海外向けの小サイズをターゲットにし、欧米式の養殖設備を整えている事が特徴です。車海老の餌や排泄物が日光で分解されて、植物プランクトンの栄養源となり、美味しい牡蠣を育てる自然の循環を最大限に生かした塩田熟成の手法に、持続可能性と国際的視点の大切さを学びました。

2018年度 高知部会

臨時総会を開催し、次年度への引継ぎ式や卒業式という大切な式典が開かれましたが、次年度部会長や卒業生の門出を祝うべく、懇親会では地元の精鋭メンバーによるよさこい踊りが披露されました。
翌日には資源管理のための稚魚放流や名物の鰹の藁焼き体験を行い、身体いっぱい高知の海を体感できました。

2019年度 豊洲部会

東京都の築地市場から豊洲市場への移転問題が大きな話題となった年で、率先して市場視察に乗り出しました。夜が明けない超早朝での時間帯での開催ながらも、全国各地から50名超が集結する大所帯の部会となりました。
移転してばかりの慣れない中での作業に、不安と期待が入り混じった現場が印象的でした。

2020年度 農林水産大臣表敬訪問

私共日本青年会議所水産部会は、例年農林水産大臣表敬訪問を実施しております。その年々の提言書を作り、国内水産業の未来のため想いをぶつけます。
提言の内容は大臣のみならず、多くのメディアも注目しています。

2021年度 サマコン部会

新型コロナウイルス感染拡大により現役会員のみの小規模開催となりましたが、水産部会の先輩が経営される新横浜駅近くの隠れ家的フレンチレストランにて、部会員が持ち寄った海産物を創作したコース料理を堪能しました。石巻ホヤのカクテルや、明石蛸の香草ロティなど、全国の新鮮な魚が目白押しでした。
翌日には海女さんに扮した会員が会員拡大のためサマコン会場にてブース出展を行いました。