第6話 森林が豊かな海を育てる

大阪湾などの排水が綺麗になりすぎた事で沿岸域の栄養が少なくなり、不漁や海苔の色落ち問題を引き起こしている話は聞いた事はありませんか?
魚の餌植物プランクトンの繁殖に欠かせない窒素やリン等を、生活排水を綺麗にしようと徹底的に処理した事で、必要以上に取り除いてしまった事が原因に挙げられます。

森林と海の関係も同じで、バランス良く肥沃な山土の栄養を届けていて、それが植物プランクトンの生育を促します。山林には貯水機能もあるため、過度に栄養が流出しないように調整できる点も大切なポイントです。

しかし人工林については手入れをしなければ荒れてしまうにも関わらず、後継者不足や安価な海外木材によって淘汰された結果、林業は大幅に縮小、所有者不明の森林も増えて崩壊の危機にある山林が非常に多くなっています。そうなれば栄養どころか土砂災害が発生して、農地もろとも沿岸生態系が一気に崩れます。

海に貢献しているのは土だけではありません。釣り餌に欠かせないミミズや、ハリガネムシに寄生されて自ら川に飛び込むカマドウマなど、魚にとって大切な食糧が山の生態系の中で育まれているのです。

だから山地が荒れればおのずと海も荒れるのです。だから近年は漁師が木を植えたり、林業に転職したりしているのです。

第5話 田圃は水生生物のゆりかご

田圃には水生昆虫や魚の産卵場として大切な機能があるばかりか、例えばニホンウナギのような絶滅危惧種にとっても貴重な生息域として機能しています。
実際に稲田養殖といって、昭和後期から続く長野県佐久地域の食用ブナ等、水田を活用した養殖方法があるくらい、水田からもたらされる栄養は魚にとって欠かせません。

しかし昔に比べて現在の田んぼはコスト削減しなければやり繰りが難しく、多くの地域が化学肥料・農薬に頼らざるを得ない環境下にあります。
農薬を過度に使えば魚の餌となる水生昆虫が姿を消し、化学肥料にばかり頼れば土地は痩せ、そこから川へ流れ出る栄養はどんどん失っていきます。
極めつけには後継者不足も顕著になり耕作放棄地すら目立ってきました。

これでは海が豊かになれないのは当然です。
美味しいお米を食べる事は、手塩にかけて稲を育てる農家を応援するだけでなく、海や魚を守る事に繋がります。
特に有機農法や環境保全型農業を実践して作られているお米には是非もっと評価してあげて貰えたら幸いです。

美味しいご飯は魚を救うのですから!