日本青年会議所 水産部会 概要
水産部会メーリングリスト jc-suisanbukai@egroups.co.jp

 
内容
日本青年会議所水産部会(Marine Products Chamber)とは
◆漁業、流通業、水産加工業、小売業などの関連業に携わるJCメンバーが、自由な社会と経済発展を実現し、新しい水産業界をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1965年9月24日に「日本青年会議所水産部会」という名で誕生しました。
◆最近では、2005年12月に「マーチャンダイジングによる経営・営業力強化が必要」と題して、2003年11月に、「水産資源はみんなの資源」と題して水産部会から水産庁長官あてに提言書を提出、部会内外に大きくその存在をアピールいたしました。その他さまざまな活動が認められ、日本の社会的活動を担う主要な青年団体へと発展しております。
◆毎年3月には東京総会が開催され、全国のメンバーが一堂に会する重要な全国交流の場となっています。 当部会は、現役会員数36名の精鋭と、294名のOBで構成する歴史ある青年団体で、JC運動の基本である、地域づくり、人づくりにつながる「業界づくり」を目指し、各人の所属する業界においての連携や協力体制、勉強会や国内外の視察などの事業を活発に行っています。
創立
1965年9月24日
活動 ◆年4回の部会を全国各地で開催します。また、京都会議・サマコンでは部会主体のブースも設けイベントを行います。
◆部会では、水産にまつわる講師をお呼びして講演会を開いたり、部会メンバー・シニア自らの成功体験などを講演したりしております。また、毎年部会長のテーマにより、オリジナルな事業を行っており、農水省、水産庁に提言書を手渡しする部会長も多々おります。
◆関係省庁、関係団体、プレスとの連携を図り、水産業界に問題提起、働きかけを行っております。
◆JCを卒業された方は、シニアとして水産部会をサポートしていただいてます。現在シニア数320名ほどが全国にいらっしゃいます。
◆水産部会メンバーならびにシニアが共有するメーリングリストで、日々の連絡等を取っております。jc-suisanbukai@egroups.co.jp (登録者のみ利用可能)
資格 海・魚・マリンスポーツ等、その他とにかく水産に興味あるJCメンバーならどなたでも入会OK!
(シニアの方も特別会員として加入いただけます)
入会方法

◆年6回ある常任委員会に、所定の入会申込み用紙を提出していただきます。その後、入会金・年会費を納めていただき、常任委員会で承認されれば晴れて水産部会員となります。お申込み先は以下の通りです。

◆2007年度 会員拡大を進める役員です。
部会長_ 桑原 猛 (宇佐JC) t-kuwabara@mountain.ocn.ne.jp FAX/0978-24-3504(株式会社高田魚市場)
運営専務 半田 廣行(大阪JC)aneeluo@vesta.ocn.ne.jp FAX/06-6951-2179 (株式会社魚伊)

会費 入会金1万円。年会費2万円。
メリット ◆部会内での営業をされている方もいらっしゃいます。
◆出張時などメンバーズリストにて連絡を取り合い、水産部会の先輩後輩として一杯やったりもしています。(顔をあわせたことのない先輩でも、水産部会という共通項があるので気軽に声掛けできますし、快く応対してくれます)
◆水産にまつわるいろいろな業種の方が集まっており、貴重な体験談をお持ちの方が多数いますので、仕事の悩み、恋の悩み?など様々な相談を交わすことができます。
◆現状のお取引先以外での人間交流を、一個人では一生涯に何人くらいできるものでしょうか?競合関係、売買関係の発生しない本音を交わすことのできる「仲間」を作ることができます。
パワー ◆(社)日本青年会議所の分化団体となっており、現在38の業種別部会があります。水産部会内部のみならず、他の業種別部会の方々との交流があります。業種別部会に参加される方は、そもそもマンパワーにあふれている方々ですので、仕事仲間としても優れている方が多いです。
◆阪神大震災、新潟、四国の災害などにもいち早い対応を取っているのも実は業種別運営会議です。LOM・ブロック・地区とは別の機動力と連絡網が役立っています。
部会長紹介


第42代部会長 桑原 猛

(株)高田魚市場 常務取締役
〒879-0617 大分県豊後高田市大字高田2247-1
Tel 0978-24-3500/Fax 0978-24-3504

+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*
基本理念
すべての出会いに感謝
〜水産部会の仲間と共に〜
+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*+-*

 

©Copyright 2007 日本青年会議所水産部会 / All rights reserved.