表紙へ戻る> 
よせがきは水産部会の方ならどなたでも結構です。是非お願いいたします。
よせがきの投稿先は 水産部会メーリングリスト jc-suisanbukai@egroups.co.jp まで
初代
2代
3代
4代
5代
6代
7代
8代
9代
10代
11代
12代
13代
14代
15代
16代
17代
18代
19代
20代
21代
22代
23代
24代
25代
26代
27代
28代
29代
31代
40代

【歴代部会長リレーエッセイ】       発行  2004年度日本青年会議所水産部会  ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   創刊号   2004.3.1  

第39代部会長 森本 隆夫
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
<歴代部会長リレーエッセイを発行させて頂くにあたって>

【40周年への助走】 歴代部会長様・歴代水産部会メンバー様、「水産部会」の発展のため御尽力され、また、 現役へのご支援・ご協力頂き誠に有難う御座います。伝統ある水産部会は、来年創立40周年を迎えようとしております。 先輩方が育んで来られた40年は一口には表現出来ない「歴史」や「想い」が在ろうかと思います。その時代背景、その年度の部会長の想い、体験談などを今いちど語って頂き、水産部会への熱きエールとして発信して頂きたいのです。

「温故知新」の格言通り、それらを学ばせて頂く事は、我々現役メンバーが「より力強く」水産部会を盛り立てて行くために大いに価値があり有意義であり事だと考えます。 そして、リレー形式で発行して行くことでエネルギーを回転させ40周年への気運も高めたいと考えております。何卒、趣旨を御理解のうえ御執筆して下さいます様お願い申し上げます。

テーマは楽しかった事・苦労した事・武勇伝・エピソード・工夫した部会運営・現役に望む事など具体的内容が嬉しいです。 それでは、トップを飾るは「大倉幸也38代部会長」よろしくお願い致します。 

 

【歴代部会長リレーエッセイ】       発行:2004年度日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜 そのA  2004.3.6    

第38代部会長 大倉 幸也

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.『御 礼』  

昨年度、伝統ある水産部会の第38代部会長を勤めさせて頂き、またこの度、森本部会長にリレーエッセイの機会を頂き、シニア諸先輩並びに現役部会員の皆様方に一言御礼を申し上げます。 昨年度は水産資源の有効利用をテーマに水産業界に貢献できる人材の育成を基本理念として活動をしてきました。水産部会の特徴は同業種の集合体となっているため、水産関係に特化した情報の収集ができます。またJCと言う枠組みの中では難しいと考えられる直接的な経済活動へも繋がる可能性があり、そしてそれが一般の業界団体と違って、異なる目線で視野の広い意見も可能でありました。  そうした観点から昨年ゼロエミションの研究を行い、その成果を提言書としてまとめ水産庁に提出しました。 また、会員拡大では昨年度卒業生を上回る拡大が出来、近年減少傾向の会員に歯止めがかかったものと思います。 そして運営面では緊縮予算の中、あらゆるところで経費削減をした設営で、40周年に向けて積立もできました。これもひとえに1年間支えてくれたスタッフ・先輩諸兄、また会員・諸団体皆様方のご協力の賜だと思っております。皆様方に感謝を申し上げ、御礼のご挨拶にさせて頂きます。  また本年度は直前部会長として森本部会長を「誠の心」で支えていく所存でございます。本年度もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

では越河37代部会長にリレーのバトンを譲りたいと思います。宜しくお願いいたします。

2.『水産業振興に貢献』  

昨年度事業の一つとしてゼロエミションの研究を行い、長年に亘る部会活動と会員ネットワークの活用により、その成果報告を水産部会の提言書「水産資源はみんなの資源」として取りまとめました。 これは水産業界の現場の声をデータ化し、政府の「バイオマス日本」の政策に基づき、部会の意見を織り交ぜて作成したものです。これを部会メンバー含め6名で霞ヶ関に赴き、田原水産庁長官に直接渡しました。水産庁長官との会談ので、出来るだけゼロエミションに関して予算を取っていきたい、また今後も水産部会の活動には期待をしていると申されました。今回の提言で水産業に携る現場の声と水産部会の意見を行政に対し行うことで、業界や環境問題、また国家経済の発展のため少しでもお役に立てたものと思います。このような取り組みにより、新たに得た情報やノウハウ、人的ネットワークを新しい付加価値として、個人や会社経営に活用いただければ幸いでございます。 今後も水産部会は情報発信、政策提言団体として他団体とは異なる角度から意見を言い、水産業振興のため活発に活動して行くことを願って止みません。

3.産直のメリット・デメリットピックアップ 

◆昨年度、懇親会の設営で、中間業者を省いて行い、産直の疑似体験を通して勉強しました◆ メリット ・鮮度がよかった ・法的規制がない ・価格の安さ ・友達が増えた デメリット ・取引に時間的制約 ・需要者ニーズの対応不足(接客の悪さ) ・価格の不安定 ・予定外の経費発生 ・集荷・数量の不安定 ・時間にルーズ 総括・・・結局、高く付いた /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 日本青年会議所水産部会 直前部会長  勤務先 (株)オークラ 専務       〒702-8052 岡山市市場1-1       TEL 086-265-3711 FAX086-264-8736 e-mail: okura18@optic.or.jp 大倉  幸也 /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【歴代部会長リレーエッセイ】  発行:2004年度日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのB   2004.8.25     

第37代部会長 越河 彰統 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2002年度の事業内容一覧を見ながら当時(まだ2、3年程しかたっていませんが)の思い出を申し上げたいと思います。当時のスタッフには多くの無理も言ったと思いますが、修練の一つとしてご容赦ください。

1月の京都会議では祇園近辺に会議の場所が取れず、弥栄会館という京都歌舞練場内の会館にて行いました。そもそも舞妓さんの芸の練習・発表のための会館で、会議のための施設ではなく、大変趣のある場所(ただ古かっただけ?)での会議となりました。

3月の総会は東京のダイヤモンドホテルにて行ない、2次会はいつものように六本木に繰り出したと思いますが、記憶はありません。7月の横浜サマーカンファレンスでは例年通り勧誘を目的としたブースを設営しました。水産部会では2名の女子大生にコンパニオンのバイトとしてお願いし、その後の中華街での常任、懇親会にも参加していただいたために大変楽しい設営となりました。

8月の臨時総会は、大阪という場所の良さと、講師のおかげを持ちまして、たいへん多くの方にご参加いただくことができました。9月の札幌での常任委員会は、2次会のお店から女の子を一人連れてきていたので、少人数でしたが非常の盛り上がったのを覚えています。

そして11月岡山での部会では、卒業生でもあり、当時の次年度部会長であった大倉君には大変に良くして頂きました。(聞くところによると、同じ卒業生であった蓮沼君は前日から楽しんだようですが)大変楽しい部会でした。 ここまで、飲んだ話ばかりでしたが、決して遊んでばかりいたわけではありません。

東京総会では水産庁の漁政部企画課長である今井氏を講師に招いての講演をはじめとして、大阪臨時総会での大阪魚市場轄a上社長の講演、そして岡山部会での岡社長による講演と3回の講演会は『漁業』、『流通』そして我々JCマンにもっとも必要である『まちづくり』に大変勉強になるものであったと自負しております。 また、シニア会においても4月に青森は浅虫温泉において行なわれた総会と全国大型いかつり協会会長代理の熊谷氏の講演会は大変盛況であり、私たちにも勉強となりました。シニア会の皆様には本当に感謝いたします。 水産部会の最も自慢できるところは部会の人間関係は今でも繋がっている点です。当時、水産部会で知り合った何人かの方々とは今でも仕事でお世話になっており、お取引が続いているということです。仕事に直結することは事実ですので、もっとアピールしていただければ新しい人の拡大に結びつくと思いますので、頑張って下さい。今後はさらに部会情報をより細かく、内容濃く発信を続けることによりまだまだ新しい人材の発掘に結びつくものと思いますので、地域遍在の解消と共に強力に推し進めていただければ幸いです。現役のスタッフの方々にはこの部会を意義のあるものにしていくように、水産部会の発展にご尽力いただきたいと思いますし、必ず出来ると確信しています。

最後になりましたが、あの1年間を支えてくれました当時のスタッフ、シニア会の皆様には今でも感謝しています。本当にありがとうございました。

【歴代部会長リレー・エッセイ】         発行  2004年度 日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのC   2004.9.2    

第36代部会長 川北 公則 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「部会長リレーエッセイに寄せて」 36代部会長をさせて頂きました川北公則です。僕は12年間水産部会に置いて頂きました。その中での思いでは沢山あります。まず思い浮かぶのが最初に運営専務をさせて頂いた溝渕部会長の30周年です。その年に阪神淡路大震災がありトラックに救援物資を積んで部会長と一緒に神戸の小学校の体育館に持って行きました。その時はまだ避難されている方で体育館は一杯でした。帰りに2号線沿いのロイヤルホストで食べたランチが思い出されます。30周年の式典はロイヤルホテルでやらせていただきました。この時に交渉の仕方とかを部会長に習ったのが、後々に生かされました。それから蓮沼部会長の下でも運営専務をさせて頂き、その年は豪勢な部会運営をさせて頂きました。

三度目の運営専務を神戸部会長の下でさせて頂きました。この年が私としては水産部会活動の中で一番動いた年でした。3度の研修を行い、沖縄にも行きましたし、鯨を見るために高知に行き、6時間も船に揺られました。船には全くダメな私はトイレに篭りっきりで、ゲーゲーやっていました。部会誌や機関誌も発行しすごく有意義な一年間でした。自分が部会長になってその時の神戸部会長の偉大さに気づかされました。 部会長でこれがしたい、あれがしたいと思っても、なかなか出来ない物です。その点、本年度の部会長の森本君もすごく頑張っておられると思います。例年に無い勢いで会員拡大をされています。

あと印象に残っているのはやはり35周年実行委員長としてやらせて頂いた、周年事業です。長浦部会長の下、ソラリア西鉄で行わせて頂きました。経済状況の悪い中にも関わらずに、総勢100名にも及ぶ皆さんにお集り頂き、厳かな中にも、盛大に執り行わせて頂きました。あと自分の部会長の時は後悔ばかりが残る一年になりました。丁度、大阪での全国大会にあたり、大阪JCでの交通部門の責任者であった私は、大阪での常任委員会にも遅参するようなあさまでした。違う年にさせて頂いていたならと、凄く後悔が残りました。でも一年間滞りなく全うさせて頂けたのは越河運営専務を始めとするスタッフの皆さん、古野先輩を始めとするシニア会員のおかげです。ありがとうございました。私が部会長の時に印象に残った部会は清水での部会でした。

部会が終わって、お世話をかけた竹内君と一緒に食べた寿司のうまさは忘れられない思い出となりました。    私にとっての部会はJCそのものでした。この部会に入れて頂き、皆様と一緒に活動できた事に大変感謝いたしております。これからも経済状況は良くないですが、現役のみなさんが、盛り上げて頂き、未来永劫に続く部会に育て上げて頂く事を祈念いたします。

【歴代部会長リレー・エッセイ】         発行  2004年度 日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのD   2004.10.8    

第35代部会長 長浦 善徳 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「部会長リレーエッセイに寄せて」 35代部会長を勤めさせていただいた宇佐JCOBの長浦善徳です。

先日の長崎での臨時総会&長崎JC水産部会35周年記念にご出席いただいた皆 さんは大変お疲れ様でした。私は昨年の福岡部会以来の参加をさせていただき ましたが、森本部会長も次年度が内定しさぞや肩の荷が下りたのでは?と推察 します。(もう少し我慢して下さい。)

振り返ると私が水産部会に入会したのは、今回久方ぶりに部会に参加しました弊社社長長浦善英先輩(叔父です)が水産部会の意義を常日頃話していたことと、入会を志した?年に丁度長崎JCの飯島先輩が部会長をされており、同じ 九州の方、しかも同業種だという気安さからお電話を差し上げたのがきっかけ でした。(1991年のことです。) 残念ながら積極的に部会に参加するほうではなかったのですが、神戸部会長当時の高知でのくじらウオッチング部会に長女(早いもので今年から高校生です)を連れて参加した頃から積極的に参加させていただき、ご縁遭って卒業年度に、しかも35周年という節目に部会長をさせていただき大変な勉強をさせていただきました。

私自身力不足で十分なことは出来ませんでしたが、35周年の実行委員長をお引き受けいただいた36代の川北君を始めとした運営スタッフ、卒業年度を同じくした10名のメンバー、古野名誉会長を始めとした諸先輩方が物心両面で助けていただき、福岡で行われました35周年記念式典が予想以上の盛会で行われたことは私の現役時代の最もすばらしい思い出となっています。

考えてみますと私が水産部会にはまったきっかけは、やはり"出会い"なんだと思います。現役の皆さんも部会にさらに積極的に参加し、出会いを通じて仕事に、JC活動によりいっそうのヒントを見つけることが出来ると思います。 しかも各地で貴重な体験も出来ますよ!(あの大阪での臨時総会と赤穂での追い出しは忘れられません) "思い出は参加したほど水産部会"  現役の皆さん!ぜひ集いましょう!!

【歴代部会長リレー・エッセイ】         発行  2004年度 日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのE   2004.11.4     

第34代部会長 大塩 俊 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

JCを卒業して早くも3年以上となり、LOMの現役メンバーも半数が知らない顔となりました。卒業当時は何かしらの寂しさも感じていましたが、JCのない生活にも恐ろしいスピードで慣れてしまい、最近ではめっきり足が遠のいてしまっています。

そんな中、水産部会では現役からOBまでが強い絆で結ばれ、また業界という関連もあってか様々な交流も非常に有意義で、私にとってかけがえのない場であると思っています。 私が部会長を勤めさせて頂いた事を、今でも不思議に思うことがあります。当社はスルメやタラすり身を主原料に使っていますが、乾燥珍味やポケット菓子の加工メーカーなので「水産業界」にはあまり詳しくはなかったからです。

部会においても今までの部会長さんのように役に立つ企画やためになる講演を立案することができず、副部会長はじめスタッフの皆さんに大変ご負担をかけたと思っています。 その代わりといっては何ですが組織の継続・発展を目指して、運営面ではかなり努力したつもりです。

一番に取り組んだのが「名簿の電子ファイル化」で、それまで更新や引継ぎに大変苦労されて(主に近畿エリアの方がご苦労去れたようにうかがっています)持ち回りの管理をされておられたそうです。この際、パソコンのファイルにしてしまおうと手紙、電話、FAXなどでの確認作業を行い、特に名簿からの除外を希望されるOBの把握を徹底することにより、正確でスッキリしたまた管理と継承が容易な名簿ができたと思います。

全国に点在し、年に数回しか集まれないメンバーのコミュニケーションを活性化するために、前年度からの引継ぎでホームページやメーリングリストの活用促進にも努めましたが、当時はまだ限られた方しかインターネットを利用しておられなかったようです。ネット環境も飛躍的に向上し、ライブドアさんでもおなじみの「ブログ」などツールも充実してきた現在、もっともっと良いものに改善されることを期待いたします。

ここ数年、なぜかスケジュールが合わずに不本意ながら欠席が続いているので偉そうな事も言えませんが、40周年を間近に控えた水産部会が益々発展される事を心よりご祈念申し上げます。

【歴代部会長リレー・エッセイ】       発行:日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   2004.11.5   

 第33代部会長 神戸 啓蔵 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

皆さんこんにちは。33代の神戸(かんべ)です。いま当時を思い起こせば全て思い出深いものです。その中でいくつかの思い出を拾ってみたいと思います。

【高知研修会】クジラが食べたい!クジラが見たい!そんなわがままな研修会、泉先輩に鯨肉を頼みホテルも何十年ぶりのクジラ料理フルコース。翌日は土佐清水沖へ船に揺られて何時間。しかしクジラは姿を見せずガッカリ。一同「きのうクジラを食べるんじゃなかった。怖がって逃げちゃたぞ〜」 設営して頂いた牧先輩、倉松さん お元気ですか?

【サマーコンファレンス】大倉さんの「水産部会には人魚姫のキャンペーンガールですよ」。村田先輩「そうじゃ〜 それだ〜」。桑原さん「男も海パンにイルカの浮輪!」。「車エビの踊り食い」「スルメにシシャモ、カニ味噌に乾き物も」「やっぱり大漁旗だぜ〜」「隣はお酒部会じゃ〜」。いろいろなアイデア有難うございました。なぜか私はその後「セクハラ部会長三人衆・・・」。当時のスタッフの皆さん。試食品を提供頂きました皆さん、有難うございました。(岩田さんの大漁旗は好評でその後、業別のイベントで海外にまで行きました)

【広島最終部会】冬はやっぱり牡蠣づくし。米田先輩の養殖筏とカキ打工場見学。懇親会はカキ船。広島の中央荷受は先輩?では商談会で仕事に役立つ水産部会。 そして古野先輩が「全国大会連続最多記録」、これは「黒田節」、現役初お目見えと・・・。「なにこの槍って2メートル???」現場に下見に行けば「カキ船の天井が穴だらけ??? 会場変更!」 幹事の大塩さん高橋さんご迷惑をおかけしました。また山本先輩、佐々木先輩お世話になりました。(佐々木先輩には商談会の後片付けをさせちゃいました。ごめんなさい) (金子先輩の長崎県知事就任祝いで私は初めて伝統の「黒田節」を拝見いたしました)

ほかに「ホームページ」開設の長浦さん(当時私はホームページって???でした)。大分部会設営の木梨先輩(関サバ 美味しかった)。名古屋部会設営の下村さん(鳥は食べられないんですよ)。会報誌、ビジネスネットワーク誌作成の亀山さん(なぜかクリスマスの夜、コンパニオンを呼んで発送の宛名書きをしていた?)。全部参加して頂いたコバンザメの異名を持つH顧問(当時)。お酒を飲むと女性の靴を舐めるN監事(当時)。そして運営専務と二人三脚。裏方の仕事を毎回お手伝いいただきました川北さんの助けが無かったら、どうなっていたのか?本当に有難うございました。

(他にもまだまだお世話になったのですがA4 1枚でまとめろの指示がありますので割愛させて頂きます)JCの事は何も分からない私が部会長の職責を何とかまっとう出来たのは、スタッフ、OB諸先輩の心温かい友情の賜物と感謝しております。

PS 現役の皆さん元気いいですね・・・40周年は楽しみにしていますね

【歴代部会長リレー・エッセイ】         発行  2004年度 日本青年会議所水産部会  //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのG   2004.12.1   

第32代部会長 武輪 俊彦 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////    

40周年に向けた本年の部会活動を拝見いたしますと大変情熱的で敬意を表します。会員拡大も積極的で、活動の内容も今までの水産部会とは一味違い、ちょっと誤解されるかもしれませんがロム活動を連想させるような、そんな親密度を感じています。賛否はあるかもしれませんが、メーリングリスト活用によるところが多いのかもしれません。

 私が部会に入会したのは昭和61年、見崎部会長の当時でした。初めて参加したときの印象は、参加した先輩方がその場で商売をしている。そんな実感でした。初参加の私はその話の輪に入ることができず、「早くその仲間に入りたい」と強く思ったことを覚えています(その当時は今よりそういうことが出来易い業種のメンバー構成だったと思います)。翌年は気仙沼の小山部会長、次が八戸の柳谷先輩ということで、62年の終わり頃八戸のメンバー数名で気仙沼まで事務局の事務引継ぎに行きました(当時は部会長出身ロムのメンバーが事務局機能を担当していました)。そして63年事務局としてフル参加し多くの先輩方とお近付きになる事ができました。特にタイ・シンガポール視察研修ではタイ到着日に30歳の誕生日を迎え、ここでは報告できませんが色々思い出深い経験をさせていただきました。

 さて、平成9年私が部会長のときですが入会当時の思いから、「ビジネスネットワークづくり」をメインテーマに活動させていただきました。
@水産ビジネスブックの作成、
AJC共済会ホームページへのリンク、
BIBN(国際ビジネスネットワーク)入会促進、
C各部会での企業PRタイムなど今考えると上滑りだった感はありますが希望する事業をさせていただきました。

また貧乏性の私は部会参加時の登録料の領収証を経理に提出する事ができず、部会長就任前から八戸開催時には懇親会5000円、二次会3000円の企画もさせていただきました。遠方から来られる皆様からすれば旅費のことを考えるとそんなところをケチってどうする、と思われたことと思います。ご迷惑をおかけしました。

最後には私が企画する二次会は期待できないと分かり、皆さんインターネットで探した店に移動され、貸切で予約した店はガランガランで大変な事になりました。これも自業自得と反省しています。  最後に今まで誰にも話していないいい思い出を一つ。呉での第一回部会に準備の都合もあり少し早目に会場のクレイトンベイホテルに到着。案内された部屋がなんとセミスィート。宿泊料は普通のシングル料金で、設営担当の大塩さんのご配慮だったか敢えてお聞きしませんでしたが、部会長の役得もあってもいいかなとご好意に甘えました。貧乏性の私にはこれからもないだろう経験です。翌日の地ビールがまたうまかった。部会長当時の話が薄くなりましたが紙面も埋まり、これでご報告を終わります。現役の皆さん、納得がいく部会活動そして40周年になりますよう頑張ってください。

【歴代部会長リレー・エッセイ】         発行  2005年度 日本青年会議所水産部会
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
「前略、水産部会様」  〜水産部会に熱きエールを〜   そのI
   2005.1.20     第30代部会長 溝渕 禎二
  ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
あれから10年がすぎたのかな?と、私が30周年を担当いたしましたもので・・・私の部会長としての始まりは1月17日の阪神淡路大震災からでした。  部会の皆様には救援物資のご協力を申し上げました所、ほんとに数多くの色々な物資をご提供に預かり、私共のトラックにて4・5回西宮・芦屋地区に運ばせて頂きましたのがこの前のように思い出します。その節は誠にありがとう御座いました。  
私は、あまり過去を振り返るのは好きなほうではないもので、といいながら「温故知新」という4文字熟語は大好きではありますが・・・   それでは10年前に戻りまして、まず私は部会運営に1つだけ必ず行う事を自分に言い聞かせ実行する事、それは皆さんあまりお気付きではないと思いますが、部会を「定刻」に始め事でありました。我々の業界はあと5分・10分というのが好きなようで参加者の少数の方の時間管理が問題であると思っていましたので、「定刻」に始める事が私のやり方でした。(今でも変わりません)  
部会といたしましては、大阪センチュリークラブにて大阪魚市場(株)社長・膳隆造氏(当時)をお迎えして、50名前後の出席があり大変盛況に行えたとの満足感が有ったような記憶があります。  又、30周年記念式典の講演会には(株)阪急百貨店食品統括部長(当時)小塚様・大丸食品(株)社長小森様・大阪魚市場(株)副社長鉄本様をパネリストにお迎えして、これからの「ITビジネス」についての勉強会を大阪リーガロイヤルホテルにて行いました。約100名の登録を頂いたかな?・・・そうだったと思います。  3回目の部会は長崎っだと思うのですが、部会の中身はあまり記憶にございません。ただ、ある長崎の先輩と後日ゴルフであるにもかかわらず、長崎のすばらしいお店を夜遅くまで数件楽しんだ記憶はいまでも鮮明に脳裏に焼きついております。長崎はよかところと今でもよく行っております。  私は、水産部会の思い出は楽しい事ばかりで有りましたので、皆様のおかげと大変感謝いたしております。誠にありがとうございました。
この部会が50年100年と継続される事を期待しお祈りいたします。  
最後になりましたが、古野先輩はじめシニア会の皆様ならびに現役諸君の今後のご活躍ならびに、ご健康とご多幸を祈念申しあげましてご挨拶といたします。