表紙へ戻る>

40周年 水産部会ビジョン

1.会員に対する運動

「共に学び、共に栄える」を目的とし、水産経営・時事問題をテーマにした勉強会や、
会員相互の商流を活性化させる場を創造します。

2.業界に対する運動

「水産業界の強化・活性化」のために、消費者ニーズという原点に立ち戻るよう
生産・流通・小売・関連業種間交流の場を創造します。

3.消費者に対する運動

水産食文化の継承と拡大のために、安心食材の提供と魚食の啓発を行います。

4.行政に対する運動

行政と業界・消費者の橋渡し役であるという自負心を抱き、
国民が広く利益を享受できるよう提言・対談を行います。


40周年 水産部会活動ビジョン策定に関連して

『 水産 』という言葉を 「水が産む自然の恵み」とし、

それを享受する「食」は我々共通の原点であると

日本青年会議所 水産部会では 定義する。


宣言文(社会との約束)

日本青年会議所・水産部会は、

「水産」という自然の恵みと 豊かな人・社会との理想的な在り方を追求し、

水産業界の永続的な発展に、 積極的に貢献する。


綱領(内なる決意)

我々、水産部会は、

信頼しあう仲間と共に、「大いに学び・大いに栄え」

水産への感謝と奉仕の精神をもって

次代への先駆けとなる 水産業界を築き上げよう。